施設紹介

ガイドハウス ガイドハウス  カヌートレックの合間に造られたおうちです。みんなでワイワイ食事をしたり、話し込んだり、たのしい空間です。木村家のプライベート空間でもあります。

ゲストハウス  檜の香り漂う空間です。沢からの水の流れる音、涼しい風、かえるの鳴き声、いろいろな自然からのBGMでリラックスできぐっすりと眠ることができるでしょう。 ゲストハウス

薪ストーブ  暖をとったり、朝昼晩の食事を作ったりします。ガスコンロと違って一つの動作で火がついて同じ火加減がずーと続くということがありません。火のことを気にしてあげながら調理します。とてもおいしい料理ができあがります。召し上がって下さい。 

お風呂  お風呂は、写真で見ての通りのとても開放的は露天風呂です。満天な星を見ながら、月明かりに照らされながら、湯船に浸かって夜空見上げれば流れ星に出逢えたらラッキーですね。願い事を忘れずに。

水力発電  沢の水の流れを有効活用した超小型水力発電器で電気を作っています。「シ・マムタの里」の空間でどこにこの電気が使われているでしょう。身近な沢から作られた電気です。大切に使っていきたいものです。

風力発電  シ・マムタの里のうしろにそびえる山の谷を抜けてくる風を利用した風力発電システムです。これで、台風も味方についてもらいました。 沢の水

太陽光発電  真夏の日中の日差しは、お湯が沸くほど(言い過ぎか?)の熱を利用しない手はありません。そこら中にころがっている自然のエネルギー、皆さんも自分なりの方法で利用してみませんか?

飲料水  沢からひいてきています。とってもおいしい水です。この水でいれたコーヒーは格別です。ご賞味あれ。 沢の水

  季節にあったいろいろな野菜を栽培しています。もちろん無農薬です。その場で採った新鮮な野菜が食卓を賑わせます。

  おうちを簡単に増築してテーブルを並べて、たくさんの人とワイワイ、ガヤガヤ楽しく食事のできる空間です。

いろり  明かりとりだったり、暖だったり、暖かい食べ物の保温に使ってみたり、料理を作ったりなんでも使える優れもんです。いろりを囲んで火を見つめていると、自然に会話もすくなくなり、それでもいっしょに居る感じがして暖かくなります。

トイレ  オープン水洗トイレです。ティシュペーパーは流さないでゴミ箱の中へ。

薪置き場 薪置き場  食事を作ったり、暖をとったり、お風呂を沸かしたり、いろいろな事に使う薪を乾燥させておくための場所です。資源は限りあるものだという実感はなかなかないものです。でも、この薪置き場の薪が少なくなってしまうと寂しくなります。地球の資源も同じようなものです大切に使っていきたい薪です。

木製大テーブル  厚さ8・の針葉樹の端材を使って手作りのテーブル。とってもどっしりとしていて存在感のあるテーブルです。みんなで詰めて8人で仲良くワイワイ食事することができます。

プリンタ出力用画面
友達に伝える

Wilderness Village 四万十塾

Wilderness Village 四万十塾:高知リスポンス協会
Adventure Vacation Network
787-1227 高知県四万十市楠24
お申し込み、パンフレットご請求、ご質問はこちらからE-メールをしてください!!
TEL&FAX0880-38-2045
四万十塾ガイドハウス

(C) 2007 shimanto-jyuku. All rights reserved.