ユーザ名:
パスワード:

サイドバナー

20周年イベント
『20周年記念イベント』
coleman
THULEのキャリアシステム

keen


パタゴニア

Old Town Canoe

WILD-1



『HOW TO CANOE』

Since 1995
ピクチャ

飛び豆イベントツアー『長良川』
2019年7月20日(土)・21日(日)
1day × 2日間
雨と雨の合間に楽しんだ素敵な2日間
沢山の水飛沫と瀬を超えて。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

まだまだ梅雨空が続く中、数年ぶりに長良川へやってきました。1dayのツアーを2日間やる予定でしたが、土曜日の朝は少し水量が多め、午前中は、川の様子を下見することに。小雨の降る中、何やら真っ白な高波と激しい音が聞こえてきます。1日目は中止にします。と言った舌の根の乾かぬうちに、せっかくだからここだけ下ろうかということで、三段の瀬をどっぱんどっぱんと。カヌーに波が当たる音がすごいですね〜。
1日目も結局夕方になり、夜散歩は、うだつが上がる街並みを眺め、名物定番料理に舌鼓を打ちに。う〜ん、お腹はいっぱいだけど、まだ食べられる。2日目は、1日のんびり?!とダウンリバー!!雨に濡れた山々が色濃く美しく、山間を流れる川は、激しい音が響き渡ります。瀬の音が猛々しく響くものの、川面に広がる霧で前が見えず。落差があると直前にならないとその先も見えず。いや〜、面白いですね。瀬を超えると思わず笑顔が。
瀬が近づくと、水が隆々と盛り上がって流れ、落差とともに波が大きくなり飛沫が跳ね上がります。これぞ、スプラッシュ・ダウン・リバー!!周りの景色は見てる余裕がないけれど、目の前の波頭からは目が離れないですね。ツアーも終わってしまうとあっという間。みなさんの記憶にはいくつの瀬が残っているでしょうか。水量が少し変わると印象もすっかり変わってしまうのはどこの川でも。次に来た時の水量はどんな感じになるでしょう。
雨と雨の合間の長良川。
前日も雨が降り、そして、月曜日の朝にもゲリラ豪雨にて川は茶濁流に。  
数年ぶりの長良川。やっぱり素敵な川だな〜と。
秋の飛び豆イベントツアーで再訪の話もしながら。。
またの機会を乞うご期待くださいね〜!
--------------------------------------------------------------------------------------------------
〜〜〜お・ま・け〜〜〜
郡上八幡で汲んだ『宗祇水』
水が生活の根底に常にある街の文化と雰囲気。
名物『とんちゃん』を連日食べに。
ツアー中でなくてよかったゲリラ豪雨。。
プリンタ出力用画面
友達に伝える

Wilderness Village 四万十塾

Wilderness Village 四万十塾:高知リスポンス協会
Adventure Vacation Network
787-1227 高知県四万十市楠24
お申し込み、パンフレットご請求、ご質問はこちらからE-メールをしてください!!
TEL&FAX0880-38-2045
四万十塾ガイドハウス

(C) 2007 shimanto-jyuku. All rights reserved.